リナビスのおせっかいブログ

クリーニング

羽毛布団の打ち直し・リフォームとは?タイミングや方法を解説

Pocket

愛用している羽毛布団であれば、買い替えることなくずっと使い続けていきたいでしょう。そんなとき、羽毛布団の打ち直し(リフォーム)をプロに任せれば、まるで新品のように羽毛布団を復活させることができます。

この記事では、羽毛布団を打ち直し(リフォーム)するメリットやタイミングなどについて解説していきます。

 

1. たくさんの種類がある「布団」、羽毛布団の特徴は?

布団にはさまざまな種類があります。布団の生地の中に詰める素材によって「羽毛布団」「羽根布団」「羊毛布団」「木綿布団」「化繊布団」などに分類され、それぞれに特徴があり、正しい扱い方や干し方なども異なります。

>>羽毛布団、羊毛布団、綿布団の正しい干し方とは?叩くだけではキレイにならない。

https://rinavis.com/blog/20160301

このうち羽毛布団は柔らかくて軽く、吸湿性・放湿性があることなどが特徴です。また、羽毛布団は大切な人への贈り物としても定番の1つで、プレゼントされた羽毛布団を大事に使い続けている人は多いでしょう。

>>羽毛布団か羽根布団かどっちを買えばいい?サイズはどうする?

https://rinavis.com/blog/20160219-2

そんな思い出が詰まった羽毛布団であれば、簡単に買い替えたくはないはず。しかし長年使っていれば、縫い目から羽毛が外に出てしまって保湿性や弾力性が落ちてしまったり、汗が染みになって汚れたりするのは、残念ながら仕方がないことです。

 

2. 取り扱いの難しい羽毛布団

羽毛布団を自分で洗濯しようとしても、うまくいかないケースが多々あります。

自分で洗濯する際には、自宅の洗濯機やコインランドリーを使用することになりますが、洗濯の仕方によっては生地を傷めてしまったり、洗濯槽に十分な空きスペースがない状態で洗うと汚れが落ちにくかったりします。

そもそも水洗いができないタイプの羽毛布団であれば、洗濯機やコインランドリーで洗うことはできません。クリーニングにおいて、羽毛布団は取り扱いが難しいものなのです。そんなとき頼りになるが、プロによる打ち直し(リフォーム)です。

 

3. 羽毛布団の打ち直し(リフォーム)とは?

布団における「打ち直し」と言えば、「リフォーム」のことを指します。かつて布団の中綿を打って弾力性を再生させていた名残で「打ち直し」という言葉が使われていますが、現代においては叩いてリフォームを行うわけではありません。

 

3.1 打ち直し(リフォーム)の方法

羽毛布団のリフォームは、以下の流れで行われます。

  1. 生地を切って羽毛を取り出す
  2. 羽毛を直接洗浄して、汚れを落とす※1
  3. 高温で乾燥させ、新品の羽毛を補充、除塵、抗菌・防臭加工
  4. 側生地を新規で縫い直す※2
  5. 羽毛を詰め直す
  6. 検針を含む、検品作業を行う

※1:羽毛を直接洗浄し汚れをおとすことで、乾燥させたときに羽毛が膨らみ、布団のふくらみが回復します。布団は個別に洗濯するので、別の羽毛布団が混ざることはございません。
※2:生地は数年使い続けると汚れも落ちにくくなっているので、新品の生地に交換します。

 

3.2 羽毛布団を打ち直し(リフォーム)をするメリット

羽毛布団の打ち直し(リフォーム)は、2つのメリットがあります。

 

3.2.1 経済的

高品質な羽毛布団を新たに購入すると10万円以上かかることもありますが、打ち直し(クリーニング)の場合は購入するより安い価格で済ませることが可能です。

 

3.2.2 環境に優しい

新品に買い替えれば、古い羽毛布団は捨てることになります。打ち直し(リフォーム)をするということは、ゴミを出さずに資源を大切に使い続けることにもつながります。

 

3.3 羽毛布団の打ち直し(リフォーム)のタイミング

羽毛布団の打ち直し(リフォーム)は5年に1回を目安に行います。ただ以下のような場合はこの限りではなく、5年を待たずに打ち直し(リフォーム)が必要になるケースもあります。

  • ・買った時より暖かさがなくなってきた
  • ・生地が汚れてきた
  • ・羽毛が偏ってきた
  • ・嫌な匂いがしてきた
  • ・布団のふくらみが減ってきた
  • ・ペットの毛やおしっこがついた

 

3.4 打ち直し(リフォーム)できるもの、できないもの

クリーニング店によって、打ち直し(リフォーム)が可能な羽毛布団の種類が限定されていることもありますので、事前に電話などで確認する必要があります。

リナビスの「ふとんリフォームコース」では羽毛布団であれば全般的に扱っています。

 

4. 羽毛布団の打ち直し(リフォーム)の費用

羽毛布団の打ち直し(リフォーム)の費用の相場は、サイズによって異なりますが、一般的には2〜4万円程度です。

リナビスの「ふとんリフォームコース」では、シングルサイズが1枚25,300円(税込)、ダブルサイズが1枚35,970円(税込)となっています。

 

5. 宅配サービスがお手軽

プロに羽毛布団の打ち直し(リフォーム)を依頼する際、店舗に布団を持ち込むのは手間も時間もかかります。そんなときは、宅配サービスが大変便利です。布団を袋に詰めて宅配業者に集荷してもらうだけで、依頼が完了します。

リナビスの「ふとんリフォームコース」は送料無料(北海道・沖縄、一部離島を除く)の宅配サービスです。詳しくはこちらからご確認ください。

まるで新品!ふとんリフォームコース登場!
https://rinavis.com/s/futon_reform.html

クリーニング店に持っていくのが大変という方は、宅配クリーニングの「リナビス」を是非ご活用ください。

宅配クリーニングの「リナビス」は創業60年を迎え、多数の熟練の職人が丁寧に手作業などでクリーニングを行っています。2020年に行われた宅配クリーニングのイメージ調査では「お客様満足度」3部門で1位となりました。

リナビスの宅配クリーニングの流れは以下の通りとなっています。

  1. ネットからご希望のコースをご注文
  2. 集荷キットにお品物を詰めて送る
  3. プロの職人によるクリーニング
  4. ご自宅にお届け

手続きはとても簡単で、WEBから24時間いつでも注文が可能。注文後に集荷キットが自宅に届くので、集荷バッグに詰めて出荷準備をします。その後、電話で集荷依頼をして完了です。

自宅にいながらクリーニングに出したい方は、ぜひ宅配クリーニングの「リナビス」をご利用ください。

【公式】おせっかいな宅配クリーニングはリナビス
https://rinavis.com/s/irui.html

 

リナビスの布団丸ごと水洗いクリーニング

また、リナビスでは「布団丸ごと水洗いクリーニング」を行っています。

場所は兵庫県西脇市、ホタルが生息する地域の美しい水をたっぷりと使用。40℃以上の温水で、布団の表面だけでなく中わたの汚れまでしっかり丁寧に丸ごと水洗いクリーニングを行っています。もちろん宅配クリーニングのサービスと併用可能なので、重い布団を自分で運ぶ手間も省けます。

「布団丸ごと水洗いクリーニング」に関する詳しい情報は下記をご覧ください。

【公式】リナビスの布団クリーニング
https://rinavis.com/s/futon.html

著者
前薗喬
関連記事