リナビスのおせっかいブログ

クリーニング

スーツを買った時の共布は取っておくべき?クリーニング屋の見解

Pocket

スーツを購入する際についてくる同じ記事の布。

あの布は共布(ともぬの)と呼ばれるものです。

この記事では共布はどのように活用できるか、どのように保存すればよいのか説明いたします。

 

共布ってどうしてる?

スーツを買うと付いている共布、透明のチャック式の袋にボタンと一緒に入っている事が多いですね。

買った時は新品なので邪魔でしかないので僕もクリーニング屋で働きだす前は捨てていましたが、長く着るスーツならいつか役に立つときの来る大事な物なのです。

共布

例えば、うっかり虫食いの被害にあった時や

気付いたらボタンが無くなっていた時などに「取っててよかった~」となるので捨ててしまうのはオススメできません!

 

同じ生地なら穴なんて無かったかのように直せる!

クリーニング店や衣類のリフォーム屋さんなどは、穴の空いてしまったお洋服を直すことが出来ます。

かけつぎって言うサービスです。

かけつぎ

こんな感じで穴の空いたスーツもすっかり元通りに出来る職人技です。

 

しかし、共布が無い場合同じ細さで同じ色の糸を探して作業しないと行けないので手間も時間もかかりますし、同じ物が見つからない場合は似た物を使うので共布を使うよりは不自然です。

そんな時にしか役に立ちませんが「取っておいてよかった~」の為にキッチリ取っておくことを当店ではオススメしています!

 

我が家での共布保管方法はこんな感じ!

スラックスやスーツにコート、カジュアルなアウターなどを買った時にさえ共布やボタンは付いてきます。

服の少ない僕でさえ、それなりの数になってしまうので、本来の利用方法とは違いますが

ファイルを利用して共布を保管しています。

共布保管

こんな感じに~

こうすると、どこだ?どこだ?と探し回らなくてもすぐに見つかります!

ちなみに、僕の唯一のスーツである細見のグレーのスーツのお尻が少し破けてしまった時にこの共布は役に経ちましたが、それ以降出番がありません!(笑)

 

しかし、いつかの「取っててよかった」の為にしっかり保存するのです。

ぜひサービス詳細をリナビスの宅配クリーニングサービスページでご覧ください。

関連記事

お問い合わせはこちら

電話でのお問い合わせ

注文もOK!

050-3628-4810

10:00 - 17:00 月曜〜土曜 (祝祭日除く)

※電話でのご注文には手数料800円(税抜)を頂戴しております。