リナビスのおせっかいブログ

クリーニング

毛布はクリーニングすべき?頻度や料金、便利なサービスも紹介

Pocket

長く使っていると毛布ももちろん汚れてきますし、ダニも気になります。そのため、ある程度の頻度でクリーニングに出しておきたいものです。天日干しはダニ対策やカビ対策になっても、汗や汚れまでは落とすことはできません。

 

では毛布はどのくらいの頻度でクリーニングに出すべきなのでしょうか。毛布をクリーニングするメリットについてもあらためて考えた上で、費用感や便利なサービスも紹介していきます。

 

1 毛布をクリーニングに出すべきなのか

 

冒頭にも触れたとおり、できれば定期的に毛布もクリーニングに出しておきたいものです。ただ、なかには自宅での洗濯が可能な毛布もあるため、お持ちの毛布の種類に合わせて、自宅で洗濯するか、クリーニングに出すかを、分けるとよいでしょう。

 

1.1 出すべき毛布はどのような毛布?

 

クリーニングに出すべき毛布としてまず挙げられるのが、ドライクリーニングしかできない毛布です。「洗濯表示」を確認すると自宅で水洗いが可能かわかります。

 

また、自宅で水洗いが可能な布団だとしても、自宅の洗濯機では対応しきれないサイズの場合は、クリーニングに出すことになります。

 

1.1.1 毛布が多い場合もクリーニングが便利

 

自宅の洗濯機で洗えるサイズの毛布だとしても、1回の洗濯で複数枚の毛布を洗えなかったり、毛布は水洗いすると脱水前はかなりの重さとなったり、乾かす際も広い場所が必要だったりと、何かと自宅での洗濯は大きな手間が掛かります。

 

こうした手間に大変さを感じるのであれば、多少費用がかかってもクリーニングに出す方が楽で良いでしょう。

 

1.1.2 汚れがひどい場合も出したほうが良い

 

自宅で洗える毛布であり、かつサイズがそんなに大きくなく枚数も1〜2枚程度の場合でも、毛布の汚れがひどい場合はクリーニングに出すことが推奨されます。自宅ではなかなか落としきれない汚れも、クリーニングに出せばきれいになって戻ってきます。

 

1.1.3 風合いをまもる

 

ご家庭で洗濯するとどうしても水洗いになってしますので、毛に影響がでます。また、プロが毛布にあった方法でクリーニングを行うので、毛布の風合いを保つことができます。特に高価な毛布やよく使う毛布に関してはクリーニングをオススメします。

 

2 毛布をクリーニングするメリット

 

毛布をクリーニングに出せば汗や汚れはもちろん落ちますが、それ以外にもメリットはあります。

 

2.1 ダニやカビも除去できる

 

クリーニング店に毛布を出せば、高温乾燥によるドライクリーニングによって、ダニやカビをしっかりと除去できます。

 

2.2 洗濯より手間がかからない

 

先ほども少し触れましたが、クリーニングに出すことで手間の削減につながります。特に毛布の枚数が多い場合は、クリーニング店は非常にありがたい存在です。

 

3. 年に何回クリーニングするべきか

 

では毛布は年に何回程度クリーニングに出すべきなのでしょうか。

 

3.1 最低年1回、できれば2回出したい

 

基本的には、最低年1回、できれば年2回出しておきたいところです。年1回の場合は寒いシーズンが終わったタイミングで、そして念のため、使い始める前のタイミングでもクリーニングに出せればベストです。

 

「念のため」と書いたのは、押し入れやクローゼットに長い時間しまっておくと、どうしても湿気やホコリを含んでしまっているからです。しまっている間にダニがついてしまっている可能性もあります。

 

3.2 洗濯と使い分ける手もある

 

自宅で洗濯できるタイプの毛布であれば、毎回クリーニングに出すのではなく、シーズン後はクリーニングで、使い始めの前は自宅での洗濯で、と使い分ける手もあります。

 

3.3 日数は1週間から繁忙期は1ヵ月かかる

 

毛布のクリーニングは繁忙期であれば、1週間から1ヵ月程度の日数を要することもあるので、使うタイミングなどを考慮してクリーニングに出すようにしましょう。

 

4. 毛布をクリーニングするにはいくらかかる?

 

では続いて気になる費用感について説明していきます。

 

4.1 相場はシングルで1,000円から2,000円

 

毛布はサイズによって費用が異なり、一般的にはシングルの場合は1,000〜2,000円が相場です。サイズが大きくなると費用も高くなっていきます。またオプションで「防ダニ加工」「抗菌加工」などをつけると、プラス1,000円程度かかります。

 

4.2 高級毛布の場合追加料金がかかることも

 

高級ブランドの毛布や高級素材を使った毛布の場合は、別途追加料金がかかることもあります。その結果、店舗によっては普通の毛布の費用の2倍近くになることもあります。

 

4.3 複数枚依頼で安くなるケースもある

 

クリーニング店によっては、複数枚を一度に依頼することで料金が安くなるケースもあります。詳しくはクリーニング店のWebサイトや店頭で確認しましょう。

 

5. 毛布のクリーニングも忘れずに

 

シャツやコートのクリーニングには気を使っている人の中にも、毛布のクリーニングが疎かになってしまっている人はいます。便利な宅配クリーニングを利用して、毎年のお手入れを欠かさないようにしましょう。

 

しかし、毛布をクリーニングに出す際に一番の手間といえるのが、店舗まで毛布を運ぶことと受け取りに再度訪れることです。この悩みを解決してくれる便利なサービスがあります。「宅配クリーニング」です。

 

5.1 夏は預かってもらい、秋に受け取ることもできる

 

リナビスでは、毛布を使わない夏の間はお預かりし、秋に毛布を受け取ることができる保管サービスも提供しています。クリーニングに出したあとそのまま預けることができるので便利です。

 

5.2 自宅で受け取りができる宅配クリーニング

 

宅配クリーニングを利用すれば、自宅から毛布を発送でき、受け取りも自宅で可能です。創業60年以上の宅配クリーニング「リナビス」も毛布のクリーニングに対応しており、常に多くのご依頼をいただいております。

 

リナビスの場合はクリーニングの依頼をインターネットで24時間することができ、日本全国に対応しています。注文後は届いた集荷キットと専用袋に毛布を入れ、宅配業者に集荷に来てもらうだけです。

 

Step1 ネットからご希望のコースをご注文

Step2 集荷キットにお品物を詰めて送る

Step3 プロの職人によるクリーニング

Step4 ご自宅にお届け

 

>>毛布クリーニング|おせっかいな宅配クリーニング

https://rinavis.com/c/course/blanket

 

関連記事

お問い合わせはこちら

電話でのお問い合わせ

注文もOK!

050-3628-4810

10:00 - 17:00 月曜〜土曜 (祝祭日除く)

※電話でのご注文には手数料800円(税抜)を頂戴しております。