リナビスのおせっかいブログ

布団・寝具

かけ布団は洗濯可能?洗濯をする際に失敗しない方法も解説

Pocket

かけ布団洗濯イメージ
かけ布団の臭いや汚れは気になるけれど、中々洗濯まで踏み出せないという方は多いのではないでしょうか。

かけ布団を洗濯する方法としては、自宅で洗濯、コインランドリーで洗濯、クリーニング店へ依頼するという3つが考えられます。それぞれの方法のメリットを理解し、適した方法を選びましょう。

この記事では、かけ布団の洗濯について詳しく解説していくので、気になる方は是非最後まで読んでください。

かけ布団は洗濯した方がいい?

かけ布団洗濯かけ布団は毎日の睡眠の際に使用するものですが、基本的に洗濯はしないという方が多いです。この理由として、かけ布団を洗濯する際に手間がかかる点が挙げられ、晴れの日に外で干すだけの方が多そうです。

しかし、かけ布団を洗濯せずに放置しておくと、ダニが繁殖し、アレルギー疾患の原因となる可能性があります。ダニが原因のアレルギー症状には、咳や鼻水が止まらないといったものや、目のかゆみなどの症状が挙げられ、特に子供のいる家庭では注意する必要があります。

高い頻度でかけ布団を洗濯する必要はありませんが、かけ布団を洗濯してきれいな状態に保つことは、健康に生活するという観点で重要な意味を持ちます。

かけ布団はどれくらいの頻度で洗濯する?

かけ布団を洗濯するタイミングは、季節ごとの布団を入れ替えるタイミングがベストです。

厚手の冬用かけ布団から薄手の夏用かけ布団に入れ替えるタイミングと、薄手の夏用かけ布団から厚手の冬用かけ布団に入れ替えるタイミングの年2回は最低でも洗濯するようにしましょう。

夏用のかけ布団は、汗が染み込んでいるため入れ替え後すぐのタイミングで洗濯し、冬用かけ布団は、カビやダニが繁殖しやすくなる梅雨の時期の前までに洗濯をしておくことをおすすめします。

持っているかけ布団が洗濯可能かチェックする方法

洗濯チェックお手持ちのかけ布団が自宅で洗濯できるか確認するには、洗濯表示タグを見る必要があります。

桶マークと桶の中に手が入っている手洗いマークが付いているものは自宅で洗濯可能、桶マークが×印になっているものは洗濯不可能です。桶マークが×になっているかけ布団に関しては、クリーニング店に相談しましょう。

また、かけ布団を洗濯する前には、洗濯表示タグ以外にも確認しなければならない点が2つあります。

洗濯機の容量

1つ目はご自宅の洗濯機の容量です。シングルサイズのかけ布団であれば、必要な洗濯機の容量は7~8kgとなっており、1人暮らしの方は自宅で洗濯するのは難しいかもしれません。洗濯機の容量が足りない場合には、浴槽での踏み洗い等、別の方法を検討しましょう。

天気

2つ目のポイントは天気です。かけ布団は乾くまでに時間がかかります。濡れている時間が長ければ長いほど雑菌が繁殖し、生乾き臭の原因になります。特に浴槽で手洗いした場合は脱水が不十分となるため、1日では乾ききりません。そのため、かけ布団を洗う際は週間天気予報を確認し、数日好天が続く週を選ぶことをおすすめします。

かけ布団を洗濯する3つの方法

かけ布団を洗濯する際には、自宅で洗濯、コインランドリーで洗濯、クリーニング店に依頼するという3つの方法が考えられます。

ここではそれぞれの具体的な洗濯方法について解説していきますので、かけ布団を洗濯する際の参考にして下さい。

自宅で洗濯

かけ布団の表示タグを確認し、自宅で洗濯可能な場合は洗濯機を使ってかけ布団を洗っていきましょう。

かけ布団の洗濯の際に用意したいのが洗濯ネットです。かけ布団の側生地はデリケートであり、洗濯機でもみ洗いすると破れてしまうかもしれないため、洗濯ネットは必須です。

自宅での洗濯方法

自宅でも具体的な洗濯手順は下記の通りです。

  1. 洗濯機の中で洗剤と水を混ぜる
  2. かけ布団を入れ、一番弱いコースを選ぶ
  3. しっかりと乾燥させる

まず布団を入れずに洗濯機を回し、水に洗剤を溶かしていきます。先にかけ布団を入れてしまうと、かけ布団に直接洗剤がかかりシミになったり、洗剤が水に溶けなかったりするため、注意しましょう。

洗剤が十分水に溶けたら、かけ布団を洗濯機に入れ、優しい洗い方になるコースを選びます。その後すすぎ段階になったら柔軟剤を入れ、脱水すれば洗濯は完了です。洗濯機の脱水モードは生地への負担が大きいため、1~2分程度で脱水を済ませるようにしましょう。

また、自宅でかけ布団を洗濯する際には、洗濯機に入らないことも考えられます。この場合は、浴槽に水を溜め踏み洗いをするのがおすすめです。洗濯後にかけ布団が乾くまで時間がかかるというデメリットはありますが、十分にきれいになります。

コインランドリーで洗濯

かけ布団の表示タグが洗濯可能となっている場合は、自宅ではなくコインランドリーでも洗濯をすることができます。

コインランドリーでかけ布団を洗濯するメリットとしては、サイズの大きい洗濯機を使用するため大きなかけ布団でも問題なく洗濯できる点や、業務用の乾燥機で乾くスピードが速い点などが挙げられます。自宅に洗濯機はあるけど、布団はコインランドリーを利用しているという方も多いのではないでしょうか。コインランドリーの乾燥機には高温風機能がついており、仕上がりがふわふわとなる点も人気の理由となっています。

コインランドリーでの洗濯方法

コインランドリーでの洗濯手順は下記の通りです。

  1. かけ布団を保護カバー(洗濯ネット)に入れる
  2. 洗剤を入れる(自動投入される場合もある)
  3. 乾燥機に入れる

かけ布団をコインランドリーで洗濯する方法は簡単で、洗濯保護カバーに入れたかけ布団を洗濯機の中に入れ、開始ボタンを押すだけです。洗濯機によっては、洗剤を入れる手間や脱水時間に注意する手間などが一切かからずに、洗濯が完了するのを待つだけのものもあります。

コインランドリーでかけ布団を洗濯する際の料金は、洗濯のみの場合は500~600円程度、乾燥機を利用した場合でも1,000円前後と金銭的な負担も大きくありません。

自宅でかけ布団を洗濯するのが面倒という方は、コインランドリーの利用を検討することをおすすめします。

クリーニング店に依頼

かけ布団を洗濯する3つ目の方法は、クリーニング店で洗濯する方法です。

クリーニング店で洗濯をしてもらう場合は、コインランドリーで洗濯する際と比較して倍以上の金額が必要となりますが、その分メリットも大きいです。

かけ布団をクリーニング店で洗濯するメリット3選

それでは、かけ布団をクリーニング店で洗濯するメリットを一つずつ見ていきましょう。

①新品同様の仕上がりになる

かけ布団をクリーニング店で洗濯するメリット1つ目は、洗いあがりが抜群にきれいな点です。クリーニング店では素材や仕立て方に合わせた洗濯をしてくれるだけでなく、中綿まで丁寧に洗ってくれます。生地の汚れや臭いはもちろん、中綿に染み込んだ汗や繁殖したダニまで取り除いてくれるため、自宅やコインランドリーで洗濯した際と比較してもきれいに仕上がる点が特徴です。

②布団の種類に関係なく洗濯可能

かけ布団をクリーニング店で洗濯するメリット2つ目は、自宅では洗濯できない生地のかけ布団も洗濯可能である点です。特に自宅で洗濯するのが難しいかけ布団としては、羽毛布団が挙げられます。羽毛布団は洗濯機で洗濯してもあまりきれいになりませんし、最悪の場合布団の中の羽毛が吹き出してくる可能性もあります。

しかし、クリーニング店であれば羽毛布団でもきれいに洗濯してくれ、乾燥させる際にも細心の注意を払ってくれます。羽毛布団以外にも、生地がいたみやすい綿布団や羊毛布団などの取り扱いもあるため、自宅で洗濯できないかけ布団がある方は、クリーニング店に依頼しましょう。

③宅配サービスなら手間も時間もかからない

かけ布団をクリーニング店にで洗濯するメリット3つ目は、宅配サービスがある点です。かけ布団のクリーニング店は、家まで布団を引き取りにきてくれることも多いため、手間がかからないという点もうれしいポイントとなっています。

宅配クリーニングの主な流れは以下の通りとなっています。

  1. ネットからご希望のコースをご注文
  2. 集荷キットにお品物を詰めて送る
  3. プロの職人によるクリーニング
  4. ご自宅にお届け

このように、大きくて重いかけ布団を家の外に持ち出す手間と労力を省けることが宅配クリーニングの大きなメリットです。

かけ布団の洗濯ならリナビスの宅配クリーニングを!

この記事では、かけ布団の洗濯について解説しました。

かけ布団は、洗濯表示が洗濯可能であれば自宅の洗濯機で洗うことができます。時間に余裕のある方やコストを抑えたい方は、自宅やコインランドリーでの洗濯にチャレンジしてみてください。

やっぱり大変そうだし、できるだけ手間と労力を省きたい!と感じた方は思い切ってクリーニングに出すのも手です。かけ布団は大きく重さもそれなりにあるので、クリーニング店に持っていくのが大変という方は、宅配クリーニングの「リナビス」を是非ご活用ください。

リナビスのメリット
  • 自宅にいながら布団クリーニングを注文できる
  • 24時間いつでも注文可能
  • 最短10日!指定日に届く
  • ふわふわ度が見た目で1.3倍アップ
  • ダニの駆除・花粉・黄砂をよせつけない
  • 汚れが約30g落ちる
  • 創業60年の老舗で安心

宅配クリーニングの「リナビス」は創業60年の老舗で、布団クリーニング140万枚の実績があります。

プロに任せることでよりふわふわに仕上がり、ダニや花粉がかけ布団に付着することもありません。清潔にかけ布団を洗濯したい方にはおすすめです。

注文はとても簡単で、WEBから24時間いつでも注文が可能。注文後に集荷キットが自宅に届くので、かけ布団を専用袋に詰めて出荷準備をします。

お電話1本で集荷依頼をして完了です。

自宅にいながら羽毛布団をクリーニングに出したい方は、ぜひ宅配クリーニングの「リナビス」をご利用ください。

【公式】布団クリーニング|おせっかいな宅配クリーニングはリナビス
https://rinavis.com/s/futon.html

リナビスの布団丸ごと水洗いクリーニング

また、リナビスでは「布団丸ごと水洗いクリーニング」を行っています。

場所は兵庫県西脇市、ホタルが生息する地域の美しい水をたっぷりと使用。40℃以上の温水で、布団の表面だけでなく中わたの汚れまでしっかり丁寧に丸ごと水洗いクリーニングを行っています。もちろん宅配クリーニングのサービスと併用可能なので、重い布団を自分で運ぶ手間も省けます。

「布団丸ごと水洗いクリーニング」に関する詳しい情報は下記をご覧ください。

【公式】リナビスの布団クリーニング
https://rinavis.com/s/futon.html

関連記事