リナビスのおせっかいブログ

クリーニング

洗濯が面倒な時の解決策5つ|洗濯ものを簡単に片づけるには?

Pocket

洗濯面倒

洗濯は、「洗う」「干す」「取り入れてたたむ」「タンスやクローゼットにしまう」と工程が多く、ほぼ毎日行わなければならないので、面倒に感じる人は多いのではないでしょうか。しかし、面倒だからと洗濯の頻度を下げると、洗濯物が溜まって、着る服や使えるタオルがなくなってしまいます。

今回は洗濯を面倒と感じている人へ、洗濯の手間を減らす5つの解決策を解説します。

洗濯が面倒と感じる理由

洗濯面倒な理由まずは、なぜ洗濯が面倒と感じるのか、面倒だと思うポイントを整理してみましょう。面倒に感じるポイントを明確にしてから、解決策を考えていきます。

干すのが面倒

洗濯機から出した洗濯物を、ひとつひとつハンガーや洗濯ばさみにつけるのは、非常に面倒な作業です。そして洗濯物はただ干せば良いというわけではありません。

服の首元が伸びないように、胴の部分からハンガーを入れて丁寧に干したり、靴下はペアを挟む分を考えて、洗濯ばさみの間隔を空けたりと、気を付けなければならないポイントが多くあります。

いろいろな注意点を考えながら、工夫して干さなければならないことも、干す作業の面倒なポイントです。

たたむのが面倒

洗濯物が乾いたら、取り込んでたたんでからタンスやクローゼットにしまわなければなりません。この時、たたむだけでも面倒ですが、シワにならないように気を付けてたたんだり、靴下のペアを探したりするのも、手間がかかるためストレスを感じます。

さらに、シャツやハンカチなどは、アイロンをかけてシワを伸ばさなければなりません。夏は特に、暑い中でアイロンがけをしなければならないので、苦に感じるという人も多いでしょう。

綺麗に洗濯するのが難しい

服に泥や醤油などが飛んだり、汗がしみたりすることで、汚れやシミが付いてしまうことがあります。慌てて洗濯をしても、頑固な汚れやシミは落ち切らないことも多々あります。

また、生地の材質によっては、アイロンをかけないとシワが伸び切らない服もあります。しかし、アイロンがけはある程度のテクニックが必要であり、慣れない人がすると、シワが伸びないどころか、余計に変なシワがつく場合もあります。

せっかく洗濯をしたのに思ったように綺麗にならないと、モチベーションが下がってしまい、洗濯が面倒と感じてしまうのです。

面倒な洗濯の解決策①全自動洗濯機を買う

洗濯の解決策

ここからは洗濯を楽にする解決策を見ていきましょう。ひと昔前までは、洗濯機といえば洗う作業しかできませんでした。しかし、最近では洗濯から乾燥まで一貫で行うことができる「全自動洗濯機」が登場しています。

干す作業を短縮できるので、干す作業が面倒だと感じていたり、洗濯物を干す場所が少なくて困っていたりする人におすすめです。しかし、全自動洗濯機は洗い機能のみの洗濯機と比べると高価であり、十数万円することも少なくありません。

また、サイズが大きいため、洗濯機置き場のサイズによっては大きすぎて置けないという事態もあり得ます。購入を検討しているのであれば、事前にサイズの確認もしておきましょう。

面倒な洗濯の解決策②干す・収納を1つのハンガーに

洗濯物をたたむ作業が面倒だと感じているのであれば、ハンガーにかけて干した洗濯物をそのままクローゼットにかけてしまうのがおすすめです。

洗濯の中でも特に時間を取られがちな、たたむ作業が短縮できるので、大幅な時短につながります。また、ハンガーにかけたままで収納することで、たたみジワの防止になるメリットもあります。

さらに、着る頻度が高い服は、干した後クローゼットに収納せず、干場から取って着る方法もあります。ハンガーにかけておけば何日か置いていてもシワにならないため、すぐに着ることが分かっていれば干場に置いておくのも一つの手です。

面倒な洗濯の解決策③機能性ハンガーを使う

洗濯物を取り入れる際に、洗濯バサミを開いたり、ハンガーから服を外したりする作業も、洗濯でストレスが溜まる原因のひとつです。

しかし、面倒だからと洗濯物を無理に引っ張って外そうとすると、服が伸びてしまったり、洗濯バサミが壊れてしまったりすることもあるので、丁寧に取らなければなりません。

洗濯を干したり、取り入れたりする際の面倒を省いてくれるのが、機能性ハンガーや特殊形状の洗濯バサミなどの便利グッズです。最近ではワンタッチで取り込みができるハンガーや、引っ張っただけで簡単に取り込める洗濯バサミなどの便利グッズが、次々と登場しています。

便利グッズを使うことで手間が省け、作業時間の大幅な短縮が可能となるので、こちらも解決策としては有効です。

面倒な洗濯の解決策④家事代行サービスを使う

とにかく時間がなくて洗濯をする暇がない、洗濯が上手にできないという場合は、家事代行サービスを利用すると良いでしょう。

「洗濯をお願いします」と言うだけで、プロが洗濯からたたみ、アイロンがけまで行ってくれます。

家事代行サービスは、部屋の掃除や料理の作り置きなど、洗濯以外の家事もお願いできるので、忙しかったり家事が苦手であったりする人は利用を検討してみると良いでしょう。

面倒な洗濯の解決策⑤洗濯代行サービスを使う

洗濯代行サービスとは、業者が家まで来て洗濯物の回収を行い、洗濯後に送り返してくれるサービスのことです。

クリーニングやコインランドリーで洗濯をする場合、自身で洗濯物を持ち込み、引き取りにお店に行かなければなければならないので、手間と時間がかかります。

洗濯代行サービスならば、家から出ずに洗濯から乾燥、たたみまで完了するので、「クリーニングに持って行く暇がない!」「家事代行サービスで人が家に入るのは抵抗がある」という人におすすめです。

クリーニングが必要なものはリナビスへ

面倒な洗濯は、全自動洗濯機や機能性ハンガーなどの便利グッズを使ったり、家事代行・洗濯代行サービスを利用したりすることで手間を減らすことができます。

しかし、洗濯物の中には上質素材の服や、スキーウェアなど特殊な服など、自宅での洗濯ができず、クリーニングが必要な物もあるでしょう。クリーニングに出す服が溜まってしまっている、近くにクリーニング屋がないという場合は、リナビスにお任せください。

リナビスでは無料で最大12か月間、お洋服を保管します。季節や着用シーンが限られる服は、普段は使われないので、クローゼットの場所取りになってしまっていることが多いでしょう。

リナビスのクリーニング・保管サービスを利用すれば、クローゼットのスペースを有効活用することができる上、使いたい時にはクリーニング済で戻ってくるため、長い間着ていなかったからと慌ててクリーニングに出す必要がありません。

集荷や配送にかかる送料は無料です。また、クリーニングのご相談も無料で承っておりますので、どうぞお気軽にご利用ください。

>>【公式】おせっかいな宅配クリーニングはリナビス
https://rinavis.com/s/irui.html

著者
前薗喬
関連記事