リナビスのおせっかいブログ

クリーニング

カビが生えやすい衣類は何?良くカビが生える衣類3選。

Pocket

季節は夏、何をしてても暑いです。
 
人間の僕たちは、暑さで体力を奪われているのに
めっちゃ元気な奴らがいます、それは
 
カビです!!
 
カビは湿度が70%を超え、温度が20度~30度の所でとても元気になります。
(実はカビは36度を超えると発生が弱まる)
それってどこかと言うと、ご自宅のクローゼットがその条件にぴったりです。
 
今日は、カビにとって楽園であるこの時期のクローゼット内で最もカビに狙われる
衣類などをご紹介します!
 

カビの被害続出衣類たち

 
カビはどこでも基本生えますが、なんと言ってもカビ被害ナンバーワンは
革製品です。
 
革のジャケット、バッグ、手袋などなど革を使った物は多数あり
シーズンが過ぎるとクローゼットで長時間眠ります。
 
カビは、タンパク質や炭水化物を好み栄養として発生します。
革の表面にはその栄養が沢山!
 
さらにクリーニングに出す頻度が少ないため、人間の皮脂などもついているのでとてもカビに襲われやすいのが、革製製品だと言えます。
 
高額な物も多いので、ワンシーズン使ったら必ずメンテナンスに出しましょう!
革手袋にかび
 
次に多いと思うのは、綿、絹などの自然素材の衣類です。
気軽に着れるのが利点の綿などの衣類ですが、汗を吸いやすく皮脂がしっかりと生地にしみこんでいます。
シャツやキャミソールなどは洗濯頻度も高いので
カビの栄養源を残すことは少ないのですが
綿や絹のジャケットなどはついつい見た目はキレイだからと言って
洗わずに保管してしまいがちですが
 
自然素材の衣類もカビの栄養が豊富なのでカビが生えやすい衣類です。
綿のジャケットにカビ
そして、その他にカビが多いのはやはりスーツ類でしょう。
 
着用回数が多いスーツは汗が沢山しみこんでいますし、礼服などは着る時間は少ないですが
クリーニングをあまりしない傾向にあるため。
 
夏の間に、カビの被害にあって秋ごろ持ち込まれるカビの生えたスーツはとても多いです。
カビスーツ
 
ご自宅での衣類のカビ対策は過去記事でも紹介していますので併せてお読みください。
特に気を付けたい、衣類のカビ対策
ついでに衣類の虫食い対策もどうぞ!
防虫剤の正しい使い方とその種類
 

カビを防ぐためにもクリーニングをしよう!

クリーニングされた衣類はシワもなくキレイな見た目になって帰ってきますが
クリーニングの主たる役割は、衣類に溜まった汚れの成分を取り除くことにあります。
 
スーツに溜まった皮脂汚れ、綿ジャケットの脇についている汗、革のメンテナンスなどなど
適切なクリーニングをすることで衣類をより長く着ることができます。
 
ぜひ、クリーニング店でキレイにしたいけどどうしたらいいか?をお聞きください。
きっと真剣にキレイにする洗いのコースなどをおすすめしてくれます。
 
 
私たちも、インターネットでの宅配クリーニングですが電話口の担当者はクリーニングの職人です。
クリーニングのわからない事は何でも聞いてくださいね!
ぜひサービス詳細もリナビスの宅配クリーニングサービスページでご覧ください。
宅配クリーニング責任者
お電話担当者 東田伸哉
宅配クリーニングのリナビス、お問合せ
 

著者
リナビスブログ編集部
創業60年のおせっかい品質が特徴の、宅配クリーニング「リナビス」です。 「リナビス」はサービス開始以来右肩上がりの売上を続けており、毎年100万着以上のお洋服をクリーニングしています。 延べ19万人以上のお客様にご利用いただき、2020年に「満足度調査」3部門でNO.1を獲得しました。 お洋服、布団以外にも皮革・ブランド品やカーテン、カーペットなどのクリーニングもご対応可能です。 本ブログでは、その「リナビス」の職人が、クリーニング師の資格を生かし、クリーニングや洗濯に関するお役立ち情報を監修しお届けします。
関連記事

お問い合わせはこちら

電話でのお問い合わせ

注文もOK!

050-3628-4810

10:00 - 17:00 月曜〜土曜 (祝祭日除く)

※電話でのご注文には手数料800円(税抜)を頂戴しております。