リナビスのおせっかいブログ

クリーニング

クリーニング店でコートのベルトを紛失した!トラブルでお困りの方へ

Pocket

クリーニングでお気に入りのお洋服をワンシーズン着て洗われる方は多いかと思います。

 

当店も、秋物のコートやワンピースやカーディガンなどを沢山お預かりしております。

多くの場合キレイになって帰ってくると言う素晴らしいサービスがクリーニングと言う物なのですが、残念ながら紛失と言うトラブルもあるようです。

 

今日は、クリーニング店の服の管理方法を紹介させていただいて「管理上安全なクリーニング店」を選ぶ為に参考にして頂ければと思います。

 

クリーニング店で欠かせない「タグ」

クリーニングから帰ってくると服に「タグ」と言う番号の書かれた紙が付いてきますよね。

これ実はクリーニング店にとってとても大切な物なのです。

タグ

ここに書かれている番号やタグの色で、どのお店で預かったどのお客様のお洋服かを判別しているのです。

しかし、管理の徹底しているクリーニング店はタグの管理方法もひと手間かけています。

コートのベルトやワンピースのリボン等の付属品もキッチリと管理をしているクリーニング店は「予備タグ」と言うものを利用しています。

 

コートをお預かりして、ベルト等取り外せるものが付いていた場合

予備タック

 

この様にベルトにも番号の付いたタグをつけます。

なぜそんな事をするかと言うと、コートのベルトは合皮で出来ていたリ、プラスティック製でも割れやすかったりする為

クリーニングの洗浄の段階で外して別に洗う事が多いのです!

その場合「予備タグ」をつけていないと無くしてしまう原因になります。

 

当店などはベルトなどの付属品をなくさないようにとても気を使っています。

なので中には、コート本体×1、腰のベルト×1、袖のベルト×2、ライナー×1と言うとてもタグの沢山付いた状態になることも…

 

タグを見ればいいクリーニング店か分かる

クリーニングのお店と工場の意思疎通はタグによって多くは行われます。

タグに書いてある、注意書き「シミがここにあります」など

さきほど説明した付属品の予備タグなどなど

 

タグに書かれた事を見て工場のスタッフは作業をします。(目で見て判断する部分もあります)

20151121-4

だからタグに書かれた情報がしっかりしているクリーニング店は品質管理も品物管理もしっかりしていると見て間違いないでしょう。

 

当店も、キレイにしたいと言う想いでタグにシミの位置やそのお洋服の注意点などを細かく書いています。

1度試しにご利用になって「おっ!(笑)なんか色々書いてあるな。」と感じて頂ければと思います。

 

 

全国宅配クリーニングのリナビスはこちら

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

320-50
関連記事

お問い合わせはこちら

電話でのお問い合わせ

注文もOK!

050-3628-4810

10:00 - 17:00 月曜〜土曜 (祝祭日除く)

※電話でのご注文には手数料800円(税抜)を頂戴しております。