リナビスのおせっかいブログ

洗濯

洗濯機を買い替えたいけど、縦型とドラム式どっちがおすすめ?

Pocket

秋になり、家電量販店にも各メーカーの新製品が並ぶようになりました。

製品の入れ替わりに合わせてセールも始まっていますので、この機会に洗濯機の買い替えをご検討されている方も少なくないのではないのでしょうか?

クリーニング屋である、僕の自宅の洗濯機も古くなり脱水の時はガタガタと振動が激しくなっています。
そそろそろ買い替えた方がいいですね…

今回は、洗濯のプロ!クリーニング屋がおすすめする洗濯機の選び方をお伝えできればと思います。
浴衣の洗い
こちらはクリーニング屋の業務用洗濯機

縦型?ドラム式?どっちの洗濯機がいいの?

洗濯費と言えば昔は、二層式の洗濯機が縦型の洗濯機が主流でした。
最近になって、洗濯機のジャンルにドラム式の洗濯機と言う物が出だして、選ぶ側としては選択肢が増えたものの、どれを選べばいいか分からないと言う声も聞きます。

それぞれのメリット、デメリットがありますので以下に紹介いたします。

【縦型洗濯機の特徴】
◆縦型洗濯機のメリット
・洗濯時間が短くて済む
・結構大きなタオルケットや玄関マットなども洗える
・洗濯機自体がドラム式より安い
・腰を曲げずに取り出せるので、作業が楽
・水をたくさん使って、水流で洗うので汚れ落ちがいい
・洗濯槽の掃除が簡単
◆縦型洗濯機のデメリット
・水流が強くて洗濯物のシワが気になる
・水を多く使うため、水道代がかかる
・洗濯槽から濡れた洗濯物の取り出しが重くて大変
お洗濯すすぎ
【ドラム式洗濯機の特徴】
◆ドラム式洗濯機のメリット
・洗濯ものがシワになりにくい
・見た目のデザインがかっこいい
・水道代と電気代が安く済む
・乾燥機能付きの場合が多く、取り出してたたむだけ
◆ドラム式洗濯機のデメリット
・縦型洗濯機に比べて汚れ落ちは劣る
・マットなど大きなものを洗えない機種が多い
・洗濯から乾燥までの時間が長い
・構造上、洗濯槽にカビが生えやすい
ドラム式洗濯機
ここまでダ―ッと縦型洗濯機とドラム式洗濯機の各特徴を書いてみましたが
一長一短で悩ましいですね!

で、結局どっちがおすすめなのか?

クリーニング屋の僕としては…

◆洗濯機に汚れ落ちの能力を重視するなら、縦型洗濯機!
◆乾燥までの機能が欲しい場合や水道代節約を希望するならドラム式洗濯機!

と言う回答になります。
ちなみに我が家では、家がクリーニングやと言うこともあり
汚れのひどい物も綺麗にする知識がありますので、かっこいいドラム式洗濯機を買おうかと思っています。

ぜひサービス詳細もリナビスの宅配クリーニングサービスページでご覧ください。

お問い合わせはこちら

電話でのお問い合わせ

注文もOK!

050-3628-4810

10:00 - 17:00 月曜〜土曜 (祝祭日除く)

※電話でのご注文には手数料800円(税抜)を頂戴しております。