お布団をクリーニングしたけど、臭う!またはキレイになってない事ありませんか? – 宅配クリーニングリナビスのブログ
お布団をクリーニングしたけど、臭う!またはキレイになってない事ありませんか? – 宅配クリーニングリナビスのブログ

宅配クリーニングのリナビスBLOG

お布団をクリーニングしたけど、臭う!またはキレイになってない事ありませんか?

今年の初めから、お布団の宅配クリーニングをサービスとして追加しています。

当店は、布団のみを取り扱っている工場ではありませんが布団のクリーニング方法にはポリシーがあります。

それは「水で洗う事」です!

 

なにそれ?当たり前じゃない?と思う方が多いかと思いますが

実は当たり前ではないのです。

 

今日は、日本で行われているお布団のクリーニングの事について詳しく書きたいと思います。

20160207-2

あなたのお布団クリーニング店でどう洗われていますか?

クリーニング店にお布団を出した時、実は全然キレイになっていない事がある事をお伝えしたいと思います。

 

その為には、まず布団クリーニングの洗い方の代表的な3つを紹介したいと思います。

 

その① 水洗い・丸洗い

こちらは布団の専門工場や布団の取扱いが得意なクリーニング店が行っているクリーニング方法です。

字の通り水で洗われています。

お布団に染み込む汚れの多くは、汗や皮脂など水溶性の物ばかりなので水で洗うのが1番キレイになるのです。

 

その② ドライクリーニング

スーツやコートなどに用いられるドライクリーニング、洋服の型くずれを防ぐことが出来るので服のクリーニングには適していますが、布団には全然だめです。

なぜなら、ドライクリーニングで主に落とせるのは油溶性の汚れなのです。

正直、布団に油溶性の汚れはほとんどついていません。

なので、ドライクリーニングでは本当の意味でお布団がキレイになったとは言えません。

 

その③ ソルカン

ソルカンもドライクリーニングの溶剤です。

国内で利用されているドライクリーニング用の溶剤に比べて臭いや利用者側の安全性がある点は利点ですが

ドライクリーニングなので水洗いの様に水溶性の汚れは取れません。

 

上記の説明の通り、水で洗わない布団のクリーニングは本当に取るべき汚れが取れない洗い方です。

なので、少なくとも布団をクリーニングに出す時は水洗い・丸洗いをしているクリーニング店を利用しましょう。

 

しかし、なぜ水で洗わないクリーニング店があるのか?

水で洗えばキレイになるのなら、水で洗えばいいのに!

そう思った方も多いかと思いますが、それは分かっているのですが水で洗えない店には理由があるのです。

 

その理由とは、布団のクリーニングの工程に理由があります。

布団のクリーニングは 洗い→乾燥→包装と言う順番です。

この中の乾燥工程で水で洗うと敷布団などは、5日ほど乾燥に時間がかかるのです。

仮に毎日10枚の布団(乾燥に時間のかかる)をクリーニングしたとしましょう。

すると5日目には50枚の布団が常時乾燥中となってしまいます。

50枚の布団を干すスペースはかなり広いです。

 

そんなスペースが多くのクリーニング店にはないのが正直なところなのです…

 

当店の工場は全国でも珍しい

当店はお洋服と布団どちらが取扱いが多いかと言うと洋服の方が断然多いです。

しかし、布団得意ですべて水洗い・丸洗いが出来るクリーニング店でもあります。

 

なぜかと言うと、工場は3階建てなのですが3階のスペースはすべて布団を干すためのスペースに設計されているからです。

実際、クリーニングの工場を何百件も建てている方が見に来ても「こんなに布団を干せるクリーニング工場は関西に1件もない!」と言われます。

20160207-1

やっぱり、布団をお客様から預かるのであれば1番キレイに洗える水洗い・丸洗いで洗いたいと考えていますので

この様な工場の形となりました。

 

1年近くもしくはそれ以上洗っていないお布団は、汗や皮脂でとても汚れています。

当店のこだわりの水洗い・丸洗いでキレイにスッキリ、布団クリーニングをしませんか?

 

布団クリーニングを申し込むにはこの画像をクリックしてください↓

350-240r

Pocket

お布団をクリーニングしたけど、臭う!またはキレイになってない事ありませんか?

今年の初めから、お布団の宅配クリーニングをサービスとして追加しています。

当店は、布団のみを取り扱っている工場ではありませんが布団のクリーニング方法にはポリシーがあります。

それは「水で洗う事」です!

 

なにそれ?当たり前じゃない?と思う方が多いかと思いますが

実は当たり前ではないのです。

 

今日は、日本で行われているお布団のクリーニングの事について詳しく書きたいと思います。

20160207-2

あなたのお布団クリーニング店でどう洗われていますか?

クリーニング店にお布団を出した時、実は全然キレイになっていない事がある事をお伝えしたいと思います。

 

その為には、まず布団クリーニングの洗い方の代表的な3つを紹介したいと思います。

 

その① 水洗い・丸洗い

こちらは布団の専門工場や布団の取扱いが得意なクリーニング店が行っているクリーニング方法です。

字の通り水で洗われています。

お布団に染み込む汚れの多くは、汗や皮脂など水溶性の物ばかりなので水で洗うのが1番キレイになるのです。

 

その② ドライクリーニング

スーツやコートなどに用いられるドライクリーニング、洋服の型くずれを防ぐことが出来るので服のクリーニングには適していますが、布団には全然だめです。

なぜなら、ドライクリーニングで主に落とせるのは油溶性の汚れなのです。

正直、布団に油溶性の汚れはほとんどついていません。

なので、ドライクリーニングでは本当の意味でお布団がキレイになったとは言えません。

 

その③ ソルカン

ソルカンもドライクリーニングの溶剤です。

国内で利用されているドライクリーニング用の溶剤に比べて臭いや利用者側の安全性がある点は利点ですが

ドライクリーニングなので水洗いの様に水溶性の汚れは取れません。

 

上記の説明の通り、水で洗わない布団のクリーニングは本当に取るべき汚れが取れない洗い方です。

なので、少なくとも布団をクリーニングに出す時は水洗い・丸洗いをしているクリーニング店を利用しましょう。

 

しかし、なぜ水で洗わないクリーニング店があるのか?

水で洗えばキレイになるのなら、水で洗えばいいのに!

そう思った方も多いかと思いますが、それは分かっているのですが水で洗えない店には理由があるのです。

 

その理由とは、布団のクリーニングの工程に理由があります。

布団のクリーニングは 洗い→乾燥→包装と言う順番です。

この中の乾燥工程で水で洗うと敷布団などは、5日ほど乾燥に時間がかかるのです。

仮に毎日10枚の布団(乾燥に時間のかかる)をクリーニングしたとしましょう。

すると5日目には50枚の布団が常時乾燥中となってしまいます。

50枚の布団を干すスペースはかなり広いです。

 

そんなスペースが多くのクリーニング店にはないのが正直なところなのです…

 

当店の工場は全国でも珍しい

当店はお洋服と布団どちらが取扱いが多いかと言うと洋服の方が断然多いです。

しかし、布団得意ですべて水洗い・丸洗いが出来るクリーニング店でもあります。

 

なぜかと言うと、工場は3階建てなのですが3階のスペースはすべて布団を干すためのスペースに設計されているからです。

実際、クリーニングの工場を何百件も建てている方が見に来ても「こんなに布団を干せるクリーニング工場は関西に1件もない!」と言われます。

20160207-1

やっぱり、布団をお客様から預かるのであれば1番キレイに洗える水洗い・丸洗いで洗いたいと考えていますので

この様な工場の形となりました。

 

1年近くもしくはそれ以上洗っていないお布団は、汗や皮脂でとても汚れています。

当店のこだわりの水洗い・丸洗いでキレイにスッキリ、布団クリーニングをしませんか?

 

布団クリーニングを申し込むにはこの画像をクリックしてください↓

350-240r

Pocket

※顧客様(リピート注文のお客様)で当店専用の集荷キットがある場合は、
ご注文後、すぐに宅配業者様に集荷依頼、またはコンビニより出荷をして頂けます。



  • お支払方法に関しては、クレジットカード・代金引換をご利用頂けます。
    ※保管サービスをご利用のお客様はクレジットカードでのお支払いをお願いしております。

  • 現在の受付状況
    受付中!

    当店ではクリーニングの品質だけでなく、田舎のオッチャン・オバチャンのおせっかいパワーで顧客様への徹底したサービス強化に努めており、それが正直、自慢です。
    ただ田舎の小さな工場の運営で地域のお客様への配慮も含めてネットでの会員登録数には上限を設定させて頂いております事、予めご理解頂けますようお願い致します。

  • リナビスの宅配クリーニングサービスは全コース往復送料無料でご利用頂けます。

    ※北海道・沖縄・一部離島に関しましては追加送料を別途申し受けます。


    発送はヤマト運輸様となります。
    ※配送業者のご指定は大変申し訳御座いませんがお受け致しかねます。ご了承くださいませ。

お客様から、よくあるご質問に関しましては、以下ページでご確認頂けます。お問合せ対応時間外に、ご不明点等ございましたら、コチラをご確認頂ければスムーズにご利用頂けます。