お洗濯前のひと手間がポイント!洋服のボタン外れを防ぐ4つの方法

洗濯機

洗濯したらいつの間にかボタンが取れてしまっていた、という経験ありませんか?

洗濯機の中でボタンが迷子になったり、お気に入りの洋服のボタンがなくなったり、そんな失敗を防ぐために今回はボタン外れを防ぐお洗濯前のひと手間をご紹介します。

ボタン外れを防げ!洗濯前にするべき方法4選

予備のボタンが付属しているものなら良いですが、どこかに片付けて忘れてしまったり、新しくボタンを買いに行って縫い直したりと、ボタン取れはかなり手間がかかります。

洗濯する前に一工夫してあげるだけで、ため息がでるような面倒事を防ぐことができますよ。

事前にすること1:ボタンの付き具合を確認する

洗濯機に入れる前に、ボタンの付き具合を確認しましょう。

外れそうなボタンがあれば縫い直す、すぐに洗いたいときはボタンを一度外して迷子を防ぐなどの対策ができます。

特にシャツなどの小さいボタンは外れると見失いやすいので、チェックすることを習慣づけましょう。

事前にすること2:ボタン付きの服を洗濯ネットに入れる

ボタン付きの服を洗う場合、洗濯ネットに入れるようにしましょう。

ボタンが洗濯中に外れるのは、洗濯機の槽にボタンが当たったり、洗濯中に他の服にボタンが引っかかったりするためです。

ですので、ネットに入れて洗えばそのような心配をする必要がなくなります。

また、もしボタンが取れてしまったとしてもボタンがネットの中に収まるので、無くすことがなくなります。

洗濯ネットについてはこちらの記事で詳しく紹介しています。

事前にすること3:ボタン付きの服を裏返しにする

ネットと合わせてやってもらいたいことが、ボタン付きの服を洗うときは裏返しにすることです。

先程、ボタンが外れるのは槽に当たったり、他の服に引っかかったりすることだとご紹介しました。

裏返しにして洗えば、ボタンが内側にくるので当たったり引っかかったりする心配がありません。

色落ちや毛玉も防ぐことができるので一石二鳥ですよ。

事前にすること4:ボタンをしっかりと外す

ボタン付きの服を洗うとき、全てボタンを留めてから洗っていませんか?

実は、ボタンを留めて洗うとボタンが外れやすくなってしまいます!

それは、衣類に縫い付けてある糸が閉めてあることで緩くなってしまうからです。

最悪の場合は、糸が切れてしまってボタンが外れてしまうことも!

ですので、ボタンは留めずに洗うことをおすすめします。

洗濯時も要注意!ボタンを外れないようにするポイント

洗濯する時にできるボタンを守るためのポイントをご紹介します。

洗濯前の一工夫と合わせて行うことでボタンを守りましょう。

弱水流モードでの洗濯

ボタン外れが心配な衣類はドライモードや手洗いモードなどの弱水流コースで洗いましょう。

衣類へのダメージを防ぐことはボタンの外れを防ぐことにも直結します。

服を長持ちさせるためにも、ボタンが付いた服を洗う際にはドライ、弱流モードで洗うことをおすすめします。

ドライモードについてはこちらの記事でも紹介していますので、ぜひご覧ください。

手洗いで負担を減らす

大切な衣類は手洗いでボタンが外れるのを防ぎましょう。

ボタンに限らず装飾の多い衣類は手洗いがおすすめです。

優しく押し洗いすることでボタンへの負担を軽減することができますよ。

洗濯機と手洗いの違いについて、こちらの記事でご紹介をしていますので、ぜひご覧ください。

洗濯時の一手間で、ボタンが付いた服を守りましょう

ボタンが付いた服を守るにはちょっとしたひと工夫がカギとなります。

お洗濯前のご紹介した方法を試すだけでボタンが取れず洋服を長持ちできるので参考にしてみてくださいね。

この記事のタグ

この記事が気に入ったらSNSでシェアしよう!

関連記事

"おせっかいな"宅配クリーニングサービス「リナビス」

せんたくのーとを手がける熟練のクリーニング職人達があなたの衣類・布団類を綺麗に洗濯致します。

リナビス