ジャージの洗濯方法は?汗の臭いや泥汚れを落とすマル秘テク

臭い

スポーツの時の定番ウェアといえば、なんといってもジャージですよね。

動きやすく作られていて、汗もしっかり吸収してくれるし、着心地は楽で最高!

そんなジャージですが、洗濯してもなかなか臭いや汚れが落ちない…なんてことありませんか?

特にスポーツをした後の子供の汗の臭いや泥の汚れは、びっくりしてしまうほど頑固です。

今回はそんなジャージの臭いや汚れをしっかり落とす、正しい洗濯方法を紹介します。

臭いも汚れもしっかり落とそう!ジャージの洗濯方法

一般的に「ジャージ」と呼ばれているものは、ポリエステル製の目が細かいニット素材を使用したスポーツウェアです。

伸縮性・耐久性・通気性に優れているので、基本的にはスポーツをする時に着用します。

でもその着心地の良さから、運動時以外にもルームウェアとして着ている人も多いはず。

だからこそ、臭いや汚れはしっかり落として、いつでも清潔に着たいですよね。

基本的なジャージの洗い方

まずは基本的なジャージの洗い方をご紹介します。

一般的なジャージはほとんどが洗濯機で洗えますが、念のため事前に洗濯表示を確認しましょう。

用意するもの

  • おしゃれ着用洗剤
  • 洗濯ネット

洗濯機で洗う手順

  1. 洗濯ネットにジャージを入れる
    ※ジャージを裏返して、地肌につく方をオモテにした方が汚れが落ちやすくなります。
  2. おしゃれ着用洗剤を入れる
  3. ドライコースで洗う
  4. 脱水する
  5. 風通しのいい日陰で干す

ほとんどのジャージは速乾性の高いポリエステル製なので、自然乾燥でも短時間ですぐに乾きます。

生地の劣化につながるので、直射日光に当てるのは避けてくださいね。

ジャージは運動などでたくさん汗をかくことを想定されて作られているので、基本的にはあまり色落ちの心配はありません。ただ、あまりに濃い色のジャージなどは、念のためほかの洋服とは分けて洗濯することをおすすめします。

ジャージは手洗いもおすすめ

もし時間に余裕がある場合は、手洗いしてもOKです。

以下の手順に沿って、やさしく丁寧に洗いましょう。

用意するもの

  • たらいや洗面器
  • おしゃれ着用洗剤

手洗いの手順

  1. 洗面器にぬるま湯(約30℃)を入れて、おしゃれ着用洗剤を溶かす
  2. ジャージをたたんで入れる
  3. 上から押すようにしてやさしく洗う
  4. 新しい水ですすぐ
  5. 新しいぬるま湯を洗面器に入れて押し洗いする
  6. 洗剤の成分がなくなるまで「4〜5」の工程を繰り返す
  7. 洗濯機で脱水する
  8. 風通しのいい日陰で干す

干す時に、パンパンとジャージを叩いて大きなシワを伸ばしておくと◎。もともとシワになりにくい素材ですが、ちょっと一手間加えるだけでアイロンの手間が省けますよ。

汚れも臭いもさよなら!プラスαのマル秘テクニック

上記ではジャージの基本的な洗い方をご紹介しましたが、実はその基本的な洗い方にもう一手間加えるだけで、

子供たちがつけた頑固な臭い汚れや土の汚れを、もっともっと綺麗に落とせちゃうんです!

どれも簡単なものばかりなので、是非実践してみてくださいね。

1:酸素系漂白剤を使う

漂白剤と聞くと「衣服が色落ちしてしまうんじゃ?」と心配する方もいますが、安心してください。

酸素系漂白剤は「白色以外の衣服にも使用できる漂白剤」です。

最近SNSで話題のオキシウォッシュオキシクリーンも、この酸素系漂白剤なんです。

ジャージの臭いや汚れがひどい場合は、酸素系漂白剤をぬるま湯に溶かして、ジャージをつけ置きしてから洗濯するのがおすすめ。

30分~1時間程度浸けておくだけで、臭いや汚れが驚くほど落ちますよ。

2:熱湯で煮沸殺菌する

汗の臭いがどうしても気になる場合は、熱湯で煮沸殺菌しましょう。

汗の臭いの原因は雑菌なので、高温の湯につけると菌を死滅させることができます。

やかんやケトルに入れたお湯を一度沸騰させて、80度から100度程度の熱湯を作ります。

たらいや洗面器にお湯を入れて、その中にジャージを入れて10分ほどつけ置きすればOK!

あとは通常通り洗濯しましょう。

熱湯で火傷しないように注意して行ってくださいね。

3:着たら早めに洗濯する

汚れを発見したり、汗の匂いを感じたら、なるべく早めに洗濯することが大切です。

少しでも放置してしまうと、その間に汗の雑菌が増殖したり、泥汚れが繊維の奥に染み込んでしまって落ちにくくなってしまいます。

普通に着る分には1〜2回着用したら1回洗濯する、くらいのペースでOKですが、成長期の子供は想像以上に汗っかき。

持ち帰ってきたら毎回すぐに洗濯するくらいがベストです。

ただし洗濯回数が増えれば増えるほど、ジャージの寿命が減るのも早くなっていきます。

ジャージの清潔さと寿命のバランスを考えた上で、それぞれにあった洗濯頻度を見つけてみてくださいね。

正しく洗って清潔なジャージをキープしよう

汚れやすいジャージですが、意外と簡単にキレイにすることができるんです。

臭いや汚れのないピカピカなジャージを着られるよう、できるだけ毎回洗うようにしましょうね。

頻繁に買い直すのを避けるためにも、ひとつひとつのジャージを大切にしていくことが大事です。

汚れたジャージはスポーツマンの頑張った証!

正しい洗い方をしっかりとマスターすれば、お子さんやご自身のスポーツライフが今よりもっと楽しくなるはずですよ。

この記事のタグ

この記事が気に入ったらSNSでシェアしよう!

関連記事

"おせっかいな"宅配クリーニングサービス「リナビス」

せんたくのーとを手がける熟練のクリーニング職人達があなたの衣類・布団類を綺麗に洗濯致します。

リナビス