礼服のクリーニングのタイミングは?かかる料金と収納時の3つの注意点

クリーニング

皆さんは、礼服のクリーニングはどれぐらいの頻度で出されていますか?

着たら毎回?それとも、何回か着てから?

礼服は着る機会が少ないながらも、着る期間が集中することもあり、クリーニングに出すタイミングとなると難しいものです。

本来だと、着たらその度にクリーニングに出すのがベストですが、実際には礼服はいつクリーニングに出すのが正解なのでしょうか。

礼服をクリーニングするタイミングはどれくらいがいい?

家族分をまとめて出すとなると手間も費用もかかりますし、何度もクリーニングに持っていくのは少し面倒だと感じてしまいますが、礼服は高価なこともあり適切にお手入れする必要があります。

礼服のクリーニングのタイミングは?

汚れていなくても、着用したのであれば毎回出すのがベストです。

礼服に限らずお洋服は着用することで、目に見えない汚れやほこりがつきます。

これらの汚れは洗濯せずに放置してしまうと、どんどん細菌が繁殖してしまい、臭いやしみの原因になります。

虫食い・カビ・変色などのトラブルも発生するため、ついた汚れは早めに落とすのがベストでしょう。

ですが、短期的に礼服を着用する場合は、汚れや臭いなど気にならなければ無理にクリーニングに出す必要はないとの事でした。

その場合のお手入れ方法として、収納する前にお洋服用のブラシをかける・クローゼットを定期的に開けて通気性を良くておくようにしましょう!

礼服は、着用頻度が低い・長期収納することが多ためトラブルが発生しやすくなります。
普段着用する洋服よりも注意して扱いましょう。

礼服のクリーニングする料金は?

多くのクリーニング店では礼服の洗濯は普通の衣類よりも割高になっていることが多いです。

その理由は、礼服は他の衣類とは別で礼服のみでクリーニングを行うからです。

何故かというと、礼服はクリーニングに依頼される他の衣類と比べて汚れが少ないため、他の汚れがついているたくさんのお洋服を一緒に洗ってしまうと、逆に汚れがついてしまう恐れがあります。

そのため少し手間をかけているためクリーニング代が割高になります。

費用を節約したい場合は、一律のコース料金でクリーニングを行っているお店に持っていくことをおすすめします。

毎回クリーニングに持っていくのは面倒という人には宅配クリーニングもおすすめです。
長期保管を行っているところもあるので、礼服などの着用の機会が少ない衣類にはおすすめです。

礼服を収納するときにこれだけは守って!3つの注意点

先程も言ったように、礼服は着用頻度が低く長期保管するためトラブルが発生しやすいという悩みがあります。

一度買ったら買い替えないという人が多い礼服だからこそ保管方法には注意しましょう。

付いているビニールカバーは必ず外しておく

クリーニングから戻ってきたら付いている、ビニールカバー。

このビニールカバーは、通気性がなく湿気を閉じ込めてしまうため、しみやカビの原因になります。

クローゼットに入れる前に必ず外しておきましょう。

収納する前には数日陰干しを!

クリーニングに出したものは、湿気を含んでいます。

そのため、クリーニング後そのまま収納せずに、2〜3日ほど陰干しをしてから収納するようにしてください。

収納場所には防虫剤を忘れずに

礼服は頻繁に着るものではないため、害虫がつきやすいです。

そのため、防虫対策を忘れずに行ってください!

最近は防虫剤の他にも防虫カバーがあり、そちらと使うと防虫効果はもちろん、ほこりもつかないため便利です。

礼服は保管方法にも注意!確実にクリーニングをしましょう

礼服をクリーニングに出す頻度は、ベストなのは着用したら毎回、しかし汚れや臭いが問題なければ数回に一度がベターです。

また、クリーニングする場合は、割高になっていないかをチェックすることをおすすめします。

当店は、一律料金・宅配するクリーニング店ですので、もしお店に出す時間がない多忙な方は、当店の宅配クリーニングをご利用になってみてはいかがでしょうか?

この記事のタグ

この記事が気に入ったらSNSでシェアしよう!

関連記事

"おせっかいな"宅配クリーニングサービス「リナビス」

せんたくのーとを手がける熟練のクリーニング職人達があなたの衣類・布団類を綺麗に洗濯致します。

リナビス