諦めるにはまだ早い!家でできる服についたカビの取り方

カビ

衣替えでクローゼットからお気に入りの服を出してみると、ところどころに白い斑点のカビが。

周囲にあった他の服にもカビの被害がでていてショックだった経験はありませんか?

カビが生えてしまった服はもう着られないかも….と思った方、ちょっと待ってください!

実はそのカビを退治してもう一度お気に入りの洋服を着ることができるかもしれません。

今回は、洋服にできたカビの取り方をご紹介します。

家でも簡単にできる!カビの取り方!

服にカビがついてしまった場合、その服を洗濯機で回すのはやめましょう。

他の衣類にカビが移ってしまう可能性があります。

カビは一着ずつ確実に対処するのがおすすめです。

軽度のカビの取り方

用意するもの

  • タオル
  • 消毒用エタノール
  • お洋服用ブラシ

カビ取りの手順

  1. まず、カビの付いた部分をお洋服用ブラシで軽くブラッシングしておきます。
  2. タオルにエタノールを少量含ませて、カビ部分を叩くように拭き取ります。
  3. 最後に屋外に干し、乾燥させます。

実際に試してみましたが、カビが少し生えている程度なら簡単に取り除くことができました。

カビを落とす際に他の衣類についてしまうと繁殖してしまう可能性があるので注意してください。

重度のカビの取り方

カビの範囲が広いものや、払っても取れなさそうなカビは酸素系漂白剤でのつけ置きがおすすめです。

用意するもの

  • 洗面器
  • 酸素系漂白剤
  • ゴム手袋
  • 40℃以上のお湯

漂白剤を使うため、肌荒れしないようにゴム手袋を装着して洗うようにしてください。

カビ取りの手順

  1. お湯に酸素系漂白剤を入れます。
  2. カビのついた衣類を入れ、お湯が冷めるまでつけ置きしておきます。
  3. お湯が冷めたら、ゴム手袋をつけて、カビが落ちるまでもみ洗いします(※強くもみ洗いすると生地が痛むので、注意しましょう)。
  4. カビが落ちたら通常の洗濯をし、干して乾燥させます。

これで大抵のカビはキレイに取れます。

ただし、コートやニット、色柄物はつけ置きによるリスクもあるので、カビがひどい場合はクリーニングに持っていくことをおすすめします。

クリーニング屋さんであれば多くの場合追加料金が必要ですが、プロ仕上げでしっかりカビを取ってくれます。

革製品のカビ抜きの方法

革製品にカビができてしまったときは、拭き取ることで対処できます。

用意するもの

  • タオル
  • 重曹

おうちにあるものでできるため、用意する段階で手間はあまりかかりませんね。

カビ取りの手順

  1. 重曹に少量の水を足して、ペースト状にします。
  2. ペースト状にした重曹を濡れたタオルでカビ部分につけ、革が傷つかないように優しく拭き取ります。
  3. 乾いたタオルで乾拭きをし、干して乾燥させます。

他の素材と比較すると、革製品が一番簡単な方法で取り除くことができます。

これだけはしておきたい!カビが生えないための対策方法

カビを取るのはかなり手間なので、カビの発生を防ぐことが大切です。

カビが生える条件って?

次のような条件下ではカビが発生しやすいです。

  • 温度(20~30度くらいが一番カビが生えやすい)
  • 湿度が高い(80%がカビにとっては最適)
  • 換気が悪い
  • 掃除の頻度が低い(汚れやほこりなどを栄養にカビは繁殖する)

このような環境を作らないことが大切です。

カビが生えないように対策は?

  • クローゼットの中を余裕のある収納する。
  • 定期的に換気するようにする。
  • 湿気取り剤や防腐剤を利用する。

クローゼットの中に衣類を詰め込んでしまうと湿気がこもりやすくカビの原因になります。

また、クリーニングに出したお洋服かけてあるビニールは、外してから収納するようにしてください。

こちらの記事ではクローゼットの中のカビ対策についてより詳しく紹介しています。

カビはなによりも発生を防ぐのがベスト。

今回はカビの取り方や対策方法についてご紹介しました。

カビは自宅でも対処できますが、大切な衣類の場合はクリーニングに持っていくことをおすすめします。

また、何よりもカビを発生させない環境作りが大切です。

カビから守って大切なお洋服を少しでも長く着れるようにしてくださいね。

この記事が気に入ったらSNSでシェアしよう!

関連記事

"おせっかいな"宅配クリーニングサービス「リナビス」

せんたくのーとを手がける熟練のクリーニング職人達があなたの衣類・布団類を綺麗に洗濯致します。

リナビス