もうすぐお盆、礼服のカビや臭いは大丈夫?見つけたらクリーニングへ | 宅配クリーニングのリナビス
もうすぐお盆、礼服のカビや臭いは大丈夫?見つけたらクリーニングへ! – 宅配クリーニングのリナビス

宅配クリーニングのリナビスBLOG

もうすぐお盆、礼服のカビや臭いは大丈夫?見つけたらクリーニングへ!

8月に入りました。
今月はお盆があり、実家に帰省される方やお寺さんにお参りされる方など
過ごし方は色々だと思います。

お盆は礼服の出番があるシーズンかと思いますが、礼服の状態は確認されていますか?

礼服は着る機会の少ない服ですが、意外と短い着用時間にも汗をかいているものです。
「さて、礼服はと…」とクローゼットから出すと、1年見ないうちにカビだらけになっていた!
と言ってクリーニング店に持ち込まれる礼服はこの時期とても多いです。
礼服のカビ
今日は礼服をカビから守る方法とカビてしまった時のクリーニングについてお伝えします。

礼服はカビやすい?

礼服は安い衣類ではありません!
上下で10万円ほどするのが一般的でしょうか。
そして1度購入すると10年ほど新調しない物でもあります。

しかしながら、礼服をカビさせてしまうと言う例は沢山あります。

なぜかと言うと、礼服ってあまり着ていないからクリーニングに出されずクローゼットにしまわれることが多いんです。

なので、少量の汗でも長い時間と共にカビや臭いの原因になってしまいます。

礼服は1回来たら洗う!

これがおすすめです。
礼服は生地こそ通常のスーツより丈夫につくられていますが
カビには生地の材質は無意味です。

1度着たなら、汗を取る意味合いも含めクリーニングに出すべきです。
ドライクリーニングだけでも十分効果的ですし、汗抜き加工をするなら更に礼服を長持ちさせられます。

礼服の家での保管方法

クリーニングにできる事は、カビが生えてしまったらなんとかカビを取ることと
カビが生える原因をクリーニングで生地から除去することです。
(※衣類に残った汚れを栄養にカビは成長する)

でも、クリーニングも大事ですが、ご自宅での保管方法は1番重要です。
正しくクリーニングをしても、保管方法が間違っていたらカビが生えてしまいます。
カビが生える原因
その為に以下の点に気を付けて保管をしましょう。

①クローゼット内の礼服の場所
着る回数が少ないからと言って、一番奥に礼服を入れていませんか?
1番奥は湿気の最もこもる部分です。
出来れば風通しのいい、もう少し手前のポジションに礼服をかけてあげてください。

②クリーニング後の袋は外す
クリーニングの時についてくる透明なビニール袋はお客様に衣類を返しするまでに、ホコリが付かないにするための物です。
通気性が悪くなってしまうので、ご自宅では袋は取ってしまいましょう。

③定期的に換気をする
クローゼットは湿気のこもりやすい所です。
何もしなければ、空気の動きがなくホコリも溜まりやすいです。
天気のいい日は、クローセットの扉を開けて換気をしましょう!

礼服は1度着たらクリーニング!
礼服の為だけでなく、上記3点のポイントを抑えて大切なお洋服のあるクローゼットをカビから守りましょう!

スーツのカビ取りのブログも過去に書いていますので併せてお読みください!
スーツのカビ取りクリーニング




Pocket

もうすぐお盆、礼服のカビや臭いは大丈夫?見つけたらクリーニングへ!

8月に入りました。
今月はお盆があり、実家に帰省される方やお寺さんにお参りされる方など
過ごし方は色々だと思います。

お盆は礼服の出番があるシーズンかと思いますが、礼服の状態は確認されていますか?

礼服は着る機会の少ない服ですが、意外と短い着用時間にも汗をかいているものです。
「さて、礼服はと…」とクローゼットから出すと、1年見ないうちにカビだらけになっていた!
と言ってクリーニング店に持ち込まれる礼服はこの時期とても多いです。
礼服のカビ
今日は礼服をカビから守る方法とカビてしまった時のクリーニングについてお伝えします。

礼服はカビやすい?

礼服は安い衣類ではありません!
上下で10万円ほどするのが一般的でしょうか。
そして1度購入すると10年ほど新調しない物でもあります。

しかしながら、礼服をカビさせてしまうと言う例は沢山あります。

なぜかと言うと、礼服ってあまり着ていないからクリーニングに出されずクローゼットにしまわれることが多いんです。

なので、少量の汗でも長い時間と共にカビや臭いの原因になってしまいます。

礼服は1回来たら洗う!

これがおすすめです。
礼服は生地こそ通常のスーツより丈夫につくられていますが
カビには生地の材質は無意味です。

1度着たなら、汗を取る意味合いも含めクリーニングに出すべきです。
ドライクリーニングだけでも十分効果的ですし、汗抜き加工をするなら更に礼服を長持ちさせられます。

礼服の家での保管方法

クリーニングにできる事は、カビが生えてしまったらなんとかカビを取ることと
カビが生える原因をクリーニングで生地から除去することです。
(※衣類に残った汚れを栄養にカビは成長する)

でも、クリーニングも大事ですが、ご自宅での保管方法は1番重要です。
正しくクリーニングをしても、保管方法が間違っていたらカビが生えてしまいます。
カビが生える原因
その為に以下の点に気を付けて保管をしましょう。

①クローゼット内の礼服の場所
着る回数が少ないからと言って、一番奥に礼服を入れていませんか?
1番奥は湿気の最もこもる部分です。
出来れば風通しのいい、もう少し手前のポジションに礼服をかけてあげてください。

②クリーニング後の袋は外す
クリーニングの時についてくる透明なビニール袋はお客様に衣類を返しするまでに、ホコリが付かないにするための物です。
通気性が悪くなってしまうので、ご自宅では袋は取ってしまいましょう。

③定期的に換気をする
クローゼットは湿気のこもりやすい所です。
何もしなければ、空気の動きがなくホコリも溜まりやすいです。
天気のいい日は、クローセットの扉を開けて換気をしましょう!

礼服は1度着たらクリーニング!
礼服の為だけでなく、上記3点のポイントを抑えて大切なお洋服のあるクローゼットをカビから守りましょう!

スーツのカビ取りのブログも過去に書いていますので併せてお読みください!
スーツのカビ取りクリーニング




Pocket

※顧客様(リピート注文のお客様)で当店専用の集荷キットがある場合は、
ご注文後、すぐに宅配業者様に集荷依頼、またはコンビニより出荷をして頂けます。



  • お支払方法に関しては、クレジットカード・代金引換をご利用頂けます。
    ※保管サービスをご利用のお客様はクレジットカードでのお支払いをお願いしております。

  • リナビスの宅配クリーニングサービスは全コース往復送料無料でご利用頂けます。

    ※北海道・沖縄・一部離島に関しましては追加送料を別途申し受けます。


    発送はヤマト運輸様となります。
    ※配送業者のご指定は大変申し訳御座いませんがお受け致しかねます。ご了承くださいませ。

お客様から、よくあるご質問に関しましては、以下ページでご確認頂けます。お問合せ対応時間外に、ご不明点等ございましたら、コチラをご確認頂ければスムーズにご利用頂けます。