革靴の手入れで必要なのはアッパー部分だけでなく、ソールも手入れも必要!! | 宅配クリーニングリナビスのブログ
革靴の手入れで必要なのはアッパー部分だけでなく、ソールも手入れも必要!! – 宅配クリーニングリナビスのブログ

宅配クリーニングのリナビスBLOG

革靴の手入れで必要なのはアッパー部分だけでなく、ソールも手入れも必要!!

気温も落ち着いてきて、すっかり秋になりましたね。

 

 

新卒の方々もお仕事に慣れてきた頃ですかねー、、、懐かしい。

 

 

今日は革靴の手入れについて、プロが教える豆知識のような記事を書いていこうと思います。

 

 

題して、

 

革靴のアッパー部分(表面の革部分)の手入れの後はソールの手入れも忘れずに!

 

まずソールというのは、靴の底面のことを指します。

 

 

私も革靴を買ったときは、長持ちするようにネットで調べて手入れをした思い出があります。

 

 

ただ普通に革靴の手入れと調べても、アッパー部分(表面)のみの手入れ方法がほとんどで、ソール(底面)に関しての手入れは書いていないことがほとんどでした。

 

 

私がこの仕事についてからソールの手入れは絶対するべきだと感じたので、皆さんにも共有できればと思います。

 

ソールの手入れって必要!?

 

答えは、YES!!  です。

 

ただし、革靴のソールにも大まかに二種類あります。

 

革で出来ている、レザーソール!

 

ゴムで出来ている、ラバーソール!

 

 

私が今からご説明するのはレザーソールのみのお話になります。ラバーソールには効果がありませんのでご注意を!!

 

革靴のソールはすぐに汚れるので、手入れする意味がないように思えます。

たしかに、単に汚れを落とすだけであれば、履いたらすぐに汚れるのであまり意味はありません。

しかし、ソールは汚れるだけでなく、放っておくと乾燥もします!!

乾燥したソールにクリームで潤いを与えると、すり減りが軽減したり、履き心地の改善したりといった効果があります。

 

効果その 1:ソールが長持ちする

 

まず、ソールに潤いを与えることで、すり減りが軽減し、長持ちするようになります。

 

革にはもとから水分や油分が含まれており、これによってしなやかさと丈夫さが生まれています。

 

しかし、時間が経つと水分や油分は徐々に抜けていき、乾燥していきます。乾燥が進むと、ソールはもろくなり摩耗しやすくなります。

 

乾燥しすぎてもろくなったソールは、すり減りやすくなるだけでなく、最悪の場合はひび割れを起こしてしまいます。

 

特に、雨に濡れてしまうと、乾く過程でたくさんの水分と油分が抜けてしまい、乾燥が早く進みます。

 

ソールをすこしでも長持ちさせるために、クリームを塗って適度に水分と油分を補給することが大切です。

 

 

効果その 2:ソールの反りが良くなる

 

また、ソールに潤いを与えることで、革が柔らかくなり、反りが良くなります。

 

ソールには耐久性のある頑丈な革が使われています。繊維がみっちり詰まっているので、かなりの力を加えないと曲がりません。

 

革の種類にもよりますが、なんども履いて反りグセがつくまでは、固くて履きにくいと感じることもあります。

 

クリームを塗って水分と油分を補給することで、革が柔軟になり、履き心地が良くなります。

 

以上のように、レザーソールにも手入れをすることにより、革靴をより長持ちさせることが出来ます。

 

革靴のお手入れの際はソールにも気にかけるようにしてください。

 

次回はレザーソールのお手入れ方法に関して書いていきますので、そちらも是非見てください!!

 

 

Pocket

革靴の手入れで必要なのはアッパー部分だけでなく、ソールも手入れも必要!!

気温も落ち着いてきて、すっかり秋になりましたね。

 

 

新卒の方々もお仕事に慣れてきた頃ですかねー、、、懐かしい。

 

 

今日は革靴の手入れについて、プロが教える豆知識のような記事を書いていこうと思います。

 

 

題して、

 

革靴のアッパー部分(表面の革部分)の手入れの後はソールの手入れも忘れずに!

 

まずソールというのは、靴の底面のことを指します。

 

 

私も革靴を買ったときは、長持ちするようにネットで調べて手入れをした思い出があります。

 

 

ただ普通に革靴の手入れと調べても、アッパー部分(表面)のみの手入れ方法がほとんどで、ソール(底面)に関しての手入れは書いていないことがほとんどでした。

 

 

私がこの仕事についてからソールの手入れは絶対するべきだと感じたので、皆さんにも共有できればと思います。

 

ソールの手入れって必要!?

 

答えは、YES!!  です。

 

ただし、革靴のソールにも大まかに二種類あります。

 

革で出来ている、レザーソール!

 

ゴムで出来ている、ラバーソール!

 

 

私が今からご説明するのはレザーソールのみのお話になります。ラバーソールには効果がありませんのでご注意を!!

 

革靴のソールはすぐに汚れるので、手入れする意味がないように思えます。

たしかに、単に汚れを落とすだけであれば、履いたらすぐに汚れるのであまり意味はありません。

しかし、ソールは汚れるだけでなく、放っておくと乾燥もします!!

乾燥したソールにクリームで潤いを与えると、すり減りが軽減したり、履き心地の改善したりといった効果があります。

 

効果その 1:ソールが長持ちする

 

まず、ソールに潤いを与えることで、すり減りが軽減し、長持ちするようになります。

 

革にはもとから水分や油分が含まれており、これによってしなやかさと丈夫さが生まれています。

 

しかし、時間が経つと水分や油分は徐々に抜けていき、乾燥していきます。乾燥が進むと、ソールはもろくなり摩耗しやすくなります。

 

乾燥しすぎてもろくなったソールは、すり減りやすくなるだけでなく、最悪の場合はひび割れを起こしてしまいます。

 

特に、雨に濡れてしまうと、乾く過程でたくさんの水分と油分が抜けてしまい、乾燥が早く進みます。

 

ソールをすこしでも長持ちさせるために、クリームを塗って適度に水分と油分を補給することが大切です。

 

 

効果その 2:ソールの反りが良くなる

 

また、ソールに潤いを与えることで、革が柔らかくなり、反りが良くなります。

 

ソールには耐久性のある頑丈な革が使われています。繊維がみっちり詰まっているので、かなりの力を加えないと曲がりません。

 

革の種類にもよりますが、なんども履いて反りグセがつくまでは、固くて履きにくいと感じることもあります。

 

クリームを塗って水分と油分を補給することで、革が柔軟になり、履き心地が良くなります。

 

以上のように、レザーソールにも手入れをすることにより、革靴をより長持ちさせることが出来ます。

 

革靴のお手入れの際はソールにも気にかけるようにしてください。

 

次回はレザーソールのお手入れ方法に関して書いていきますので、そちらも是非見てください!!

 

 

Pocket

※顧客様(リピート注文のお客様)で当店専用の集荷キットがある場合は、
ご注文後、すぐに宅配業者様に集荷依頼、またはコンビニより出荷をして頂けます。



  • お支払方法に関しては、クレジットカード・代金引換をご利用頂けます。
    ※保管サービスをご利用のお客様はクレジットカードでのお支払いをお願いしております。

  • 現在の受付状況
    受付中!

    当店ではクリーニングの品質だけでなく、田舎のオッチャン・オバチャンのおせっかいパワーで顧客様への徹底したサービス強化に努めており、それが正直、自慢です。
    ただ田舎の小さな工場の運営で地域のお客様への配慮も含めてネットでの会員登録数には上限を設定させて頂いております事、予めご理解頂けますようお願い致します。

  • リナビスの宅配クリーニングサービスは全コース往復送料無料でご利用頂けます。

    ※北海道・沖縄・一部離島に関しましては追加送料を別途申し受けます。


    発送はヤマト運輸様となります。
    ※配送業者のご指定は大変申し訳御座いませんがお受け致しかねます。ご了承くださいませ。

お客様から、よくあるご質問に関しましては、以下ページでご確認頂けます。お問合せ対応時間外に、ご不明点等ございましたら、コチラをご確認頂ければスムーズにご利用頂けます。