【革製品の知識4】「合成皮革」と「人工皮革」の違いって? | 宅配クリーニングリナビスのブログ
【革製品の知識4】「合成皮革」と「人工皮革」の違いって? – 宅配クリーニングリナビスのブログ

宅配クリーニングのリナビスBLOG

【革製品の知識4】「合成皮革」と「人工皮革」の違いって?

「合成皮革」と「人工皮革」の違いって皆様ご存知ですか?

 

かく言う私も、皮革メンテナンスの仕事に携わらせていただくまで知らず、実は同じものだと思っていました。

 

今回は「合成皮革」と「人工皮革」の違いと特徴についてお話いたします。

 

 

「合成皮革」ってなに!?

 

皮革のベースとなる布にナイロンやポリエステル生地などを使い、その上からポリウレタンなどの樹脂層をコーティングしたものが合成皮革です。

 

ベースとなる布には編み物や織物をベースとしたものが多いため、耐水性はあまりありませんが、フィット感があり、人工皮革よりもグリップ力に優れています。表面のシワは、本革に似せるために人為的に作り出したものです。

人工皮革より安価なため大量生産にも使用しやすいのが特徴です。

しかし、やはり本革や「人工皮革」と比べると安っぽさやビニールっぽさが目立ってしまうため、高級感を出したい場合などには不向きと言えるでしょう。

 

 

「人工皮革」ってなに!?

 

皮革のベースとなる布に合成樹脂を染み込ませて加工します。その後、上からさらに別の合成樹脂を塗ることで本革に似せて加工していきます。

 

メリットとしてはモノによってはほとんど本革と見分けがつかないほど完成度が高いのが特徴です。ベースとなる布はポリウレタンを使っていることが多く、また上から塗る合成樹脂にはポリウレタンやポリ塩化ビニールがよく使用されるため、耐水性に優れているもの使い勝手が良いポイントでしょう。そのため靴や衣服などに多く使われることが多いです。

しかし、一方でデメリットとして、合成皮革よりも価格が高くなってしまいます。

 

 

「合成皮革」と「人工皮革」の問題点

 

 

「合成皮革」、「人工皮革」のどちらとも、皮革のベースとなる素材の上からポリウレタン樹脂や「ポリウレタン・コーティング」という本革に似せる加工を施します。

ここで使用される「ポリウレタン」という素材は、空気中の水分や熱、紫外線、あるいは手の皮脂などが付着することで少しずつ表面が分解されてしまい「加水分解」が発生します

 

できるだけ長持ちさせたい場合には定期的なホコリ落としやぬるま湯を含ませ固く絞ったタオルで全体を拭くなど、お手入れを丁寧にすることで多少はキレイに保つことが可能ですが、やはり本革と比べるとどうしても経年劣化を防ぐことが難しく、使用しているうちに表面が剥がれてしまったり、ペタペタとくっついてしまった時点で「寿命」「買い替え時」ということになります。

 

 

最後に

 

このような豆知識や日常のお手入れ、お困りごとにも無料でお答えしています。

 

以下URLよりお気軽に当店へお問い合わせください。

 

https://rinavis.com/f/inquiry

 

 

Pocket

【革製品の知識4】「合成皮革」と「人工皮革」の違いって?

「合成皮革」と「人工皮革」の違いって皆様ご存知ですか?

 

かく言う私も、皮革メンテナンスの仕事に携わらせていただくまで知らず、実は同じものだと思っていました。

 

今回は「合成皮革」と「人工皮革」の違いと特徴についてお話いたします。

 

 

「合成皮革」ってなに!?

 

皮革のベースとなる布にナイロンやポリエステル生地などを使い、その上からポリウレタンなどの樹脂層をコーティングしたものが合成皮革です。

 

ベースとなる布には編み物や織物をベースとしたものが多いため、耐水性はあまりありませんが、フィット感があり、人工皮革よりもグリップ力に優れています。表面のシワは、本革に似せるために人為的に作り出したものです。

人工皮革より安価なため大量生産にも使用しやすいのが特徴です。

しかし、やはり本革や「人工皮革」と比べると安っぽさやビニールっぽさが目立ってしまうため、高級感を出したい場合などには不向きと言えるでしょう。

 

 

「人工皮革」ってなに!?

 

皮革のベースとなる布に合成樹脂を染み込ませて加工します。その後、上からさらに別の合成樹脂を塗ることで本革に似せて加工していきます。

 

メリットとしてはモノによってはほとんど本革と見分けがつかないほど完成度が高いのが特徴です。ベースとなる布はポリウレタンを使っていることが多く、また上から塗る合成樹脂にはポリウレタンやポリ塩化ビニールがよく使用されるため、耐水性に優れているもの使い勝手が良いポイントでしょう。そのため靴や衣服などに多く使われることが多いです。

しかし、一方でデメリットとして、合成皮革よりも価格が高くなってしまいます。

 

 

「合成皮革」と「人工皮革」の問題点

 

 

「合成皮革」、「人工皮革」のどちらとも、皮革のベースとなる素材の上からポリウレタン樹脂や「ポリウレタン・コーティング」という本革に似せる加工を施します。

ここで使用される「ポリウレタン」という素材は、空気中の水分や熱、紫外線、あるいは手の皮脂などが付着することで少しずつ表面が分解されてしまい「加水分解」が発生します

 

できるだけ長持ちさせたい場合には定期的なホコリ落としやぬるま湯を含ませ固く絞ったタオルで全体を拭くなど、お手入れを丁寧にすることで多少はキレイに保つことが可能ですが、やはり本革と比べるとどうしても経年劣化を防ぐことが難しく、使用しているうちに表面が剥がれてしまったり、ペタペタとくっついてしまった時点で「寿命」「買い替え時」ということになります。

 

 

最後に

 

このような豆知識や日常のお手入れ、お困りごとにも無料でお答えしています。

 

以下URLよりお気軽に当店へお問い合わせください。

 

https://rinavis.com/f/inquiry

 

 

Pocket

※顧客様(リピート注文のお客様)で当店専用の集荷キットがある場合は、
ご注文後、すぐに宅配業者様に集荷依頼、またはコンビニより出荷をして頂けます。



  • お支払方法に関しては、クレジットカード・代金引換をご利用頂けます。
    ※保管サービスをご利用のお客様はクレジットカードでのお支払いをお願いしております。

  • 現在の受付状況
    受付中!

    当店ではクリーニングの品質だけでなく、田舎のオッチャン・オバチャンのおせっかいパワーで顧客様への徹底したサービス強化に努めており、それが正直、自慢です。
    ただ田舎の小さな工場の運営で地域のお客様への配慮も含めてネットでの会員登録数には上限を設定させて頂いております事、予めご理解頂けますようお願い致します。

  • リナビスの宅配クリーニングサービスは全コース往復送料無料でご利用頂けます。

    ※北海道・沖縄・一部離島に関しましては追加送料を別途申し受けます。


    発送はヤマト運輸様となります。
    ※配送業者のご指定は大変申し訳御座いませんがお受け致しかねます。ご了承くださいませ。

お客様から、よくあるご質問に関しましては、以下ページでご確認頂けます。お問合せ対応時間外に、ご不明点等ございましたら、コチラをご確認頂ければスムーズにご利用頂けます。